常磐工場の業務報

アクセスカウンタ

zoom RSS 「“想い出”の始発駅」

<<   作成日時 : 2005/10/26 02:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
今夜は会社内のチームでジンギスカンを食べに上野へ。
帰り、ともすると次の店へ流れそうになるところを、軒並み看板だったおかげで事なきを得る。

会社の人たちと別れ、改札へ向かうところで1枚。
前にこのシーンを撮ったときは、こんなに小ギレイになってしまうとは思わなかった。

地平ホームだけでなく、高架ホームもどことなく薄暗い印象の上野駅。
電車列車がひっきりなしに出入りする東京駅と比べて
北へ向かう長距離列車が、どっしりとその出発を待っている…というイメージがあった。
特急街道と呼ばれた往時の面影はなくとも
高崎線系統の特急が30分間隔で走っていた時代を知っているからこその感覚か。

あいづが消え、ひたちがなくなり、あさまも地下へ潜ってしまった。
この先、能登は681系になるのだろうか?ブルトレはブルーであり続けるのか…?
つまらないと言っていた10年前の中学生に、贅沢なセリフだったと教えてやりたい。

鉄道趣味と懐古趣味は紙一重。
「昔は良かった…」と言い出したら、鉄道病の末期患者ですな(w

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「“想い出”の始発駅」 常磐工場の業務報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる