常磐工場の業務報

アクセスカウンタ

zoom RSS 僕の音

<<   作成日時 : 2006/03/22 01:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こないだ新宿のチケット屋で見たライブチケットは\6,000程度。
今からじゃチケットはまずこの値段からだろうし、それに
大ホールのライブにひとりで行くのもつまらない…と諦めていたスキマスイッチのライブツアー。
そんな状況が急転直下、仕事関連からチケットが手に入るらしい。
「行きたい?」「行きます!」
間髪入れずに答えてから、ホントは先輩を立ててからだったんじゃなかろうかと反省。
しかしコレばっかりは譲れませんて!

画像
こないだの映画試写会で駆け回った国際フォーラム。
今日はお客さんとしてホールに入る。
あちらこちらにいるスタッフを見ながら、あっちもこっちもほとんど変わらないなぁ〜と
妙な親しみを感じてしまうから不思議だ。

グッズ物販でツアーパンフとスポーツタオル・携帯ストラップを購入。
ついでに買ってなかったDVDのビデオクリップ集も購入。
これだけで\10,000超える。イタタ…。

曲目リストは詳しい人が載せてるだろうからここでは割愛。
どちらかといえば聴き込む曲が多いと思ってたからどんな雰囲気かと思ってたら
予想通り飛んだり跳ねたりはなく、手拍子がメインの落ちついた明るいライブだった。
お客さんもその分、ちょっとシャイでいられたのかもね。
曲を聴きながら、この曲たちの中にいつまでも浸っていたい感覚を満喫する。


去年の映画シーズンインでバタバタになった時期からスキマスイッチを聴いてるうちに
自分の体験の記憶が、曲とイコールで結びついてきている。
きっと将来また聴いたときに、2006年あの時の曲と思い出すんだと思う。

そう考えてたら、思い出がイコールで染み付いている曲がいくつかあった。

・米米クラブ「君がいるだけで」
 小学校6年生 軽井沢移動教室に行くバスで流れてた曲。
 3回あった移動教室の中で、一番充実してて一番幸せだったイベント。

・広瀬香美「ロマンスの神様」
 世間一般的にはスキーの曲。しかし自分にとっては只見線の雪景色。
 乗ってる途中で、単に山田の持ってたCDを借りて聴いてただけなんだけど
 真っ白な雪山を見ながら聴いていた印象が妙に強く残っている。

・ポルノグラフィティ「サボテン」
 歌詞が妙に響いたというか自分自身の反省というか…。
 その後、ここでの小さな花は咲きませんでした(苦笑)

・キンモクセイ「二人のアカボシ」
 深夜の首都高を走りながら、仲間連中で出掛けた時の曲。
 いろいろ考えながらそれでも煮詰まって、もうどうしたらいいか解らなかった頃。
 遠くへと逃げ去ってしまいたかったが、それも叶わぬうちに夜明けがやってきてしまった…。

・ポルノグラフィティ「アゲハ蝶」
 学生の頃、補助員として参加した小学校の移動教室に行くバスで流れてた。
 自分にとっての「君がいるだけで」のように
 この曲を聴いたらこの移動教室を思い出す、というような想い出になってくれたらいいな。



こんなことを思い出してたからって、別にライブに飽きてたわけじゃないですよ!?
ノってるかどうかじゃなくて、なんというか今ここにいることの幸せを噛み締めてました。

曲名思い出したら、ひさしぶりに聴いてみたくなっちゃうな(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
僕の音 常磐工場の業務報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる