常磐工場の業務報

アクセスカウンタ

zoom RSS 「仕事のごほうび・2009」非鉄編

<<   作成日時 : 2009/02/15 00:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今回の福岡は往復とも航空機で。
「離陸に緊張して笑いが止まらない」なんて笑えないこともあったけど
今では動き出す前に寝、目を覚ますのは着陸の衝撃、なんてことも。
往復のドリンクを貰ってないくらい爆睡してました…。

午後に現場入りだったので、飛行機は昼前を選択。
予定より早く羽田についてしまったので、屋上デッキから構内を見渡して過ごす。
画像
 <周辺の設備が気になるのはマニアの性?!(2009/02/07・HND)>
高いフェンスに囲まれただけなのかと思ってたら
マニアさん向け?カメラのレンズを出せるくらいの穴が何箇所も開けてあって驚く。
撮れないからとフェンスよじ登っちゃったりするより、この方が確かに合理的でいいね。

福岡空港に着くと、まず探したのはJACの便で使われるランプバス。
前回、遠くに2台のエルガが見えたほかに7Eらしき姿が見えたけど…と思ってみれば
飛行機から出てすぐのところにいたー!
画像
 <リムジンバスカラーもいいね(2009/02/07・FUK)>
このコは恐らく前中4折のいすゞ7E。
色の具合から東武っぽい?なんて思っちゃいそうですがはて前歴は?
ちなみに4年前、2005年に来たときここにはCJMがいました。
画像
 <非常口位置から前歴が判る?(2005/02/05・FUK)>

福岡の街に下り立って見渡すと、驚くのはバス台数そのものの多さ!
東京・大阪に比べて鉄道路線が絶対的に少ない分、相対的にバス網が発展していることの証拠。
路線にせよ高速にせよ、各社入り乱れてとにかく西工ボディが次から次へとやってくる。
画像
 <西鉄バス8675・日野U-HT2MMAA[H4年式]> 
こりゃ西工ボディ好きな人たちは、撮っても撮っても終わらない嬉しい悲鳴だろうなぁ…。
すでに過去帳入りの始まっている富士重工派にはなんとも悔しい想い。

この出張のあとは、祖父のお見舞いがてら壱岐へ渡る。
のエントリをさっぱり更新してませんが…今回は一晩泊まっただけで帰路へ。
福岡からの行きはフェリーで2時間かかったけど、帰りは高速艇で約1時間。
画像
 <外海では高さが上がる(2009/02/09・長崎県壱岐市郷ノ浦港)>
カントが付いたように傾きながら旋回してやってきたのは
ボーイング社製929型“ジェットフォイル”の「ヴィーナス2」。
画像
当初は阪神−高松航路で活躍したのち、佐渡を経てやってきた来歴の持ち主。
博多−壱岐間はほぼ78km/hで巡航しているものの、諸元では83km/h出せるらしい。
博多−対馬間の方が、彼らの俊足っぷりを楽しめるのかも?

図らずも1週末で「陸・海・空」3種を楽しんでしまいました。
それもこれも仕事のごほうび?
さすがに“海”はちょっとイレギュラーですけどね!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「仕事のごほうび・2009」非鉄編 常磐工場の業務報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる