常磐工場の業務報

アクセスカウンタ

zoom RSS 「さよならバス」

<<   作成日時 : 2011/07/29 12:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

例年通りに仕事のヤマを迎えた7月。
更新もままならない程日々に追われてご無沙汰でした。
その忙しかった中で出会った偶然も、また過去のものに。
画像

残りわずかになった関東バスの「3ドア」7E。
中でも青梅街道営業所のC5152は、L尺5100代で最後の1台になっていた。
画像
 <関東バス 5152・U-UA440LSN/UA440LSN-7(2011/04/16)>
6月末、いつもの東西線終電を逃して中央緩行線経由で帰った日に
荻窪駅ホームから見えた[荻30]深夜バスは、なんとその5152!
発車時刻だったようで、乗込むとすぐに発車。
青梅街道営業所までのほんの15分、深夜なのに気分は最高潮だ!

西進するにつれ、次第に乗客は減っていく。
井草八幡宮を出たころには旅客は自分ひとりに。
身体に馴染んだ、機械式AT『E-MATIC』の動作ショックや
上下に動くリーフサスのちょっと硬めな揺れにしばし浸る。
画像
楽しいひと時もほんの僅かな時間で終了。
最後の一人を下ろした5152は、右折して青梅街道営業所へ入庫してゆく。
「もう一度乗る機会があるかな…」
つぶやきながら、それは恐らく夢に終わるだろうとも。
画像
 <終前の緑色表示を点けて・C5152>

その5152が、ナンバーを切られたと聞いたのは
最後に乗ったその日から1ヶ月経った、7/27のこと。
17年間の活躍を終えたその姿を想いながら、清々しく送り出してやろう。

画像
 <青梅街道営業所・C2002(2011/07/06・B車庫)>
先に引退した2001の兄弟車、MP218+7Eの2002ももうそろそろ…と聞く。

関東バスに残る「3ドア」車は、いよいよ数えるほどになってしまった。
バスマニアに踏み込むきっかけとなった彼らとの別れが迫る。
さよなら、とはひと言で片付かない感情がモヤモヤと募る夏。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
隠れ?バスファンのおいらです(笑)
ついに5000番台も終焉ですか。。思えば吉53で通学時にお世話になりましたね。でも、その頃は5Eもまだまだ走っていて妙にスクエアな形だなぁ、とは思いつつも「E−MATIC」に驚いたことはまだ先日の事のようです。
「カタタタタ、カツッ!」という変速時の音も懐かしい!導入当社はすごいトラブルもありましたが(笑)
関東バスってよく考えれば非冷房の車がいた頃から意外と乗っていたんだなぁ、と改めて思い出しました。一番最初の冷房車の3Eの1200番台、大量に武蔵野営業所から廃車回送されるシーンを偶然目撃した3Eの6000番台、お化け幕の3Eの5000番台、そして5Eの5000番台、3200番台。まだ緑色のシートでした。
もう、7Eも終焉とは時代の移り変わりの早さに驚くばかりです。
いっそのこと買っちゃえば?
駄文失礼しました。
いけさん
2011/07/31 09:32
■いけさん
大丈夫、隠れてないですから(笑)

このあと、三菱ふそうの2002も旅立って行きました。
代替わり自体は自然のことなので、残念だなーくらいなのですが
置換え相手が富士重工のバスじゃない、ってことが寂しいです。
西武バスもどんどん富士重ボディが減っていますし
都区内で見られるのもあと数年でしょうね…。
>買っちゃえば
人生設計的には28で購入→30で手放す予定だったんですがorz
たろう(家主)
2011/08/19 18:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
「さよならバス」 常磐工場の業務報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる