常磐工場の業務報

アクセスカウンタ

zoom RSS ドイツ[DB]で新婚旅行・その1

<<   作成日時 : 2013/12/18 00:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前回の「結婚し(て)ました」のとおり、8月に入籍→11月に挙式を済ませたので
12月上旬に新婚旅行へ行ってきました。
人生初のヨーロッパ!ということで目的地は『ドイツ』。
しかもツアーでもなく、若干無謀ともいえる妻と2人での完全自作旅行!

・・・とはいえ、まったく分からぬヨーロッパ、
高校の地理では全てに「ライン川」と書いたくらい訳の分からなかったドイツ。
「ここに行きたい!」と目的意識を持つ妻に比べて、どこかテンションを上げそこねている自分。
ドイツ国内の都市同士の距離感がいまひとつ掴めていなかったのだ。
画像
が、数年前にドイツへ行ったエノ坊から『トマースクック時刻表』を教わり
JTBからジャーマンレイルパスが届いたころには、
まだ見ぬ地への想いは募るばかり!
5泊7日のドイツ旅行は、こうして幕を開けるのです。

◆12/3(火)
 当初はツアーのつもりだったのだけど、移動手段はバスばかり。
 「電車乗りたいよね?」という妻が第二外国語でドイツ語だったというのを頼りに
 今回申し込んだのは、往復航空券+宿泊3箇所4泊というプランなのです。

【成田→フランクフルト】
 京成上野からぴゃーっと向かった成田空港。
 予定通り、離陸2時間前に空港入りして搭乗に備える。
 機材は747-400で、国内線では姿を消しつつも国際線ではまだまだ現役。
 画像
 <747-400で国外脱出!(2013/12/03・NRT)>
 フライト時間は11時間30分。
 途中、機内上映の『るろうに剣心(実写)』『パシフィック・リム(吹替)』『ウルヴァリン3 SAMURAI』など
 なんとなく見ないで終わってしまった映画を片付けられ、時間も苦にならず。
 時差もさほど気にならない程度で現地入りしたのでした。

 現地時間14:30・日本時間22:30にフランクフルト空港へ到着!
 入国審査はあっけないくらいにさっぱり終わり、無事にドイツ入り。
 そこからまずはフランクフルト市内へ向かうことにして、地下のDB駅へ。
 「出札口はないので、ホームでチケットを売っているらしい」
 そんなあやふやな知識を頼りにエスカレーターを下りてみると
 ついに“ヨーロッパの鉄道車両”とのご対面です!
 画像
 <出迎えてくれた114形牽引客レ&Sバーンの420形>

 でもまずは「フランクフルト・アム・マイン」へのきっぷを買うことに難儀することに。
 そんなこんなで1日目はまだまだつづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドイツ[DB]で新婚旅行・その1 常磐工場の業務報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる