常磐工場の業務報

アクセスカウンタ

zoom RSS ドイツ[DB]で新婚旅行・その4

<<   作成日時 : 2013/12/31 13:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

なかなか先に進みませんが、ドイツ旅行2日目後半。
前半はフランクフルト市内を満喫し、まだ居残りたい気持ちを残しながらICEへ。
外はなんとなく曇り空ながら、ココロはまだ見知らぬ土地への期待で明るいのです!

◆12/4(水)後半
【フランクフルト→ヴュルツブルク】
 フランクフルトから乗ったICE、自由席だか指定取られてるんだかが
 なんとなく理解できて腰を落ち着けたらあっという間にヴュルツブルクへ到着。
 画像
 <ICE3で1時間…既に日没間近>
 「2等でも日本のグリーン車レベル」って説明を読んでいたけれど
 体格のいいゲルマン民族にあわせた大きめのイス&シートピッチ、ということで
 特に高級なシートということではなく、いわゆる“普通車”だった。
 (ちなみに1等車はシートモケットに厚みがある)
 逆に、集団見合い式&中央にテーブルという構造は
 「端頭式ホームに突っ込んで逆向きで発車」という運転形態には適してるのだろう。

 それと「ドイツ版新幹線」という表現もちょっと違った。
 在来線自体が標準軌なので、「高速新線への“新在直通”特急」なのね。
 高速新線には基本的には踏切がないけれど、在来線区間を走れば踏切もあるし
 狭軌と標準軌こそ違えど、日本でいう「スーパー特急構想」が同じという印象。
 画像
 <在来線用電車・440形…アルストムの新型標準らしい>

 フランクフルトが大きな都市(姉妹都市としての横浜市クラス)としたら
 ヴュルツブルクは岡山や広島のような印象。
 …駅前にトラムを見たからかもしれないけれど。

【ヴュルツブルク市内を眼下に】
 さて今日明日の2泊は、駅北西側の山の斜面にある“古城”ホテル。
 クチコミサイトには一切触れられていなかったけれど
 地図上で見る限り期待していたのが、そこからの眺望。

 鍵をもらって入った部屋の眺めはというと…!
 画像
 <シュロス シュタインブルグホテルより市内を望む>
 画像
 <さっそくICE!高速新線のトンネルへと向かう>
 これはすごい!

 どうやらバルコニーつきの部屋はこの「15号室」のみらしい。
 部屋によっては山側を向いてさっぱり眺望を楽しめないようで
 クチコミの評価がマチマチなのはココにもよるよう。
 画像
 今回は新婚旅行として申し込んだからか
 JTBの力によるものか判らないけれど、ひと通りの設備もサービスも満足でした。

【夜のヴュルツブルク市内へ】
 駅からタクシーで15分、15ユーロほどなのはちょっと遠い気もするけど
 駅までは下り坂でほぼ直線的に行けそう。
 ならば!ということで晩ご飯がてら市内へ出かけてみよう。
 画像
 <ヴュルツブルク駅とトラム5番系統>
 市内のトラムはこの旅行で初めて見た狭軌鉄道。
 感覚としては1067mmっぽいと思ったけれど
 さすがに巻尺は持って行かなかったので
 ヨーロッパはメーターゲージもあるし詳細は判らず。
 画像
 <駅前〜カイザー通りをゆく1番系統>

 クリスマス市は、観光地としても有名なマルクト広場がその中心。
 画像
 前夜のフランクフルトに比べて、街中を歩く人があまりいなかったのだが
 逆にマルクト広場は、街中全ての人が集まっているのではないか?というくらいの密集度。
 カメラ構えてたら、陽気な現地人にポーズを取られるなど。
 画像
 アルコールに強くて、現地語もできたら飛び込んでみたいものだが…ちょっと悔しい。
 画像
 <冬の夜空に浮かぶ聖マリア礼拝堂>

 で、当初の目的だった晩ご飯はというと
 画像
 駅前の「新世界」(どっかで聞いた名前だ)という中華料理屋で炒飯と焼麺!
 ソーセージとパンは昼間のクリスマス市で食べまくってるので
 ここは温かいお茶を飲みたい、ということで中華に入りました。
 でも「ラーメン」というメニューがなくて麺類は焼きそばのみなのね。
 確かに、市内のスナックとして売ってる中華麺も焼きそば系だったなー。

 ちなみにこのお店、アジア系(華僑?)家族連れとは別に
 現地の若い女性1人が、バイキングで黙々と食べているのが印象的でした。。。

駅前から宿まではタクシーで15分。
再び部屋に戻ったあとはバルブを…と思っていたけれど寒さに撃沈。
撮影は翌朝のお楽しみということで。

まだまだつづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドイツ[DB]で新婚旅行・その4 常磐工場の業務報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる