「祝日モデラー」

予定通りに今日は新大久保へ。
ご店主の迷惑も顧みず、ハンダ作業をさせてもらう。
画像
今回の素材は、去年のJNMAで手に入れた某「石神井の2連」。
これまで瞬着と仲良しだったし、本気の作業で半田鏝を握るのは実は初めて…。
という訳で、いきなり本体ではなく、とりあえずはオマケのボディで練習。
ハンダだと思うと、あとでまたバラせば再用できる~と気楽に取りかかる。
で、とりあえず左右の側板を貼り合わせて約3時間、
妻板の固定を前に20:00を迎えてしまったので、1日目は終了。

明日はもう1両も仕上げてしまいたいな~♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

大山出張所
2006年05月05日 23:40
お疲れさまでした。
まずは、半田デビューおめでとう!
半田がうまく流れると、思わず嬉しくなりますね。

実は、瞬着組み立ては随分前に引退しましたよ。
真鍮の外板と中板の張り合わせは、エポキシ・ゴム系といろいろ試し、今はゴム系で落ち着いています。
平板の張り合わせなら、ゴム系はかなり強力で、強度も十分。はみ出ても簡単にとれて、キレイに組めます。

先日発売になったGMの西の103を組み始めましたが、以外と出来が悪いので、困りものです・・・?
たろう(家主)
2006年05月14日 00:50
■大山出張所さん
その後の微調整をできる、という意味ではハンダは便利ですが
コテ先を当てすぎると板がヘタるという症状だけは
なってみないとわからないというのが不安でした。
完璧なモノってのはないんでしょうから
どれも使える技術を持っておけば万全ですよね。

西の103系、興味あるのですがまだ様子見中です。
先に201系に手を出してしまいそうで(笑

この記事へのトラックバック