「ヒキコモリ土曜日」

中央快速に続き、ついに青梅用の201系も落ち始めたと聞き
朝のホリ快+HM付231を撮るぞ!とやる気だったのは昨日の晩。
しかしカメラバッグを見てみると「フイルムがない…」。
意気消沈して布団をかぶれば、目がさめたのはもう昼でした。

結局、午後はだらーっとPCの中の整理や模型の片付け。
溜まったデジカメのデータを眺めていたら
もう少し営団5000系の画像があったのでそれのサルベージ。
そんなことしているうちにやっぱりその気になってきて
ついにキットの箱を開け、まずは1両を組み立ててみた。
画像
 <という訳で今日の成果>
【今日の作業】
<車体>
 ・前面ライト類交換:PN-007(ヘッドライトA)・PN-009(テールライトA)
 ・貫通扉脇手すりの交換:PN-464から2mm幅を使用
 ・屋根板組付け:前後がちと長いのでヤスって調整…無線アンテナ穴開け忘れた

<床板>
 ・特になにもせず…今回は純粋にGM製を使用予定

【この先の予定】
 ・中間車の戸袋埋めかエッジの丸加工
  …とにかくナンバーを決めねば

前回の追加資料
<車体>
・前面
画像
 <ステン/アルミ並び…よく見ると違うね(2007/01/27・深川車両基地)>
 前面帯の切れ方や、貫通扉脇の手すりの位置もちと違うこの2種。
 ステンレス車のほうはエッジが目立つけど、イチから作るには面倒な顔だな。
 ライトケースは平面用を使いつつ、前面の傾斜角に合わせ台座がついてるのが悩みどころ。
 過去に京王6000系で同じ加工をしたことはあるけど、こっちはテールもあるし…。
画像
 <5009の前面を別アングルから(2007/02/19・飯田橋)>
 前面の渡り板、クロポ店頭では東急7200系だかのパーツを使う指示だったかと。
 この角度で見ると…普通の国電用でいいんじゃない?とも思うところ。
 表面の滑り止め感をどうやって表現するかが悩むなぁ。

・北綾瀬支線用アルミ車の場合
画像
 <このアングルしか撮れない!(2006/04/08・綾瀬)>
 これまで気づかなかったけれど
 こっちの前面は扉脇の手すり位置が高くなってます。
 彼らの転属甲種輸送で中野に引き出されたときの写真もどこかにあるはず…。
 このときのはネガなので、思い出したときに探しましょう。


さあ明日こそはちゃんと出かけるぞ~!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック