「予想外の雪景色」

今朝起きると、ビックリするくらいに外が白い!
ぉぃぉぃ、今日は226のサヨナラなんだぜ…と思って出掛けると
駅には『雪のため中止とさせていただきました』の掲示が。
それなら多摩湖線は諦め、窓口で奥多摩フリーを頼もうじゃないか!

拝島で見かける電車がみなE233系で慌てつつ、とにかくまずは青梅へ。
画像
画像
 <やっぱり雪には朱色がよく似合う(青梅)>
あとから判ったのは、中央快速との直通運転が中止になっていたので
線内に快速用E233系が取り残されてたってことなのね。
青梅の電留線で昼寝する数本の姿を見てひと安心。
画像
 <6連で唯一下り方にも電連を装備するクハ201-153(青梅)>
下り方クハといえば、クハ103形ATC車のトップナンバー・クハ103-269や
青梅線組唯一の非ATC車・クハ103-803なんてのも懐かしい。
画像 画像
 <左:クハ103-269(拝島・2001/05/08)
  /右:クハ103-803(拝島・2001/08/26)>
途中で軍畑や白丸をはさみつつ、最終的に向かったのは古里の交換シーン。
画像
 <ホリ快ウヤの今日は中線にも雪が積もる…青2と青1が交換>
幾度となく来てる古里だけど、201系の並びが見られるのももうあと僅かか…。
画像
 <山線の103系最終日(古里・2001/11/30)>
この写真の仮札青10はその後の青2編成。今日も偶然同じ位置で並んだ。

画像
青梅へ戻ると、次第に暗くなる中に朱色が存在感を放っていた。

中央快速線用の201系は、トップナンバーも入ったH1もいよいよ落ちたらしい。
Tc201-2ほかの6両はもう廃車回送されたとか。
なんとなく、編成揃ってさよなら運転に使われるだろうと思っていたのでちと予想外。
一方、気付かぬうちにまたざっくり入れ替わってそうな青梅線の201系。
来年の冬はないのだろうけど、今年の桜を見られる編成ですらどのくらいいるのやら…。


軍畑で奥沢鉄橋を見ながらふっと思い出したのは、2月3日という日付。
そういえば今から11年前のほぼ同じ日も、青梅線で雪景色を撮ったっけ。
画像
 <赤色の無蓋車もいたあのころ(1997/02/04・川井→御嶽)>
1997年は秋の文化祭テーマを青梅線に決め、早いうちから撮りに通っていた。
折りしもこの日は、併設の中学校が入試のため休みになっていたので
貨物の動いている平日ということもあり、喜び勇んで飛び出したのは言うまでもない。

あの日から変わったことはといえば、走ってる車輌とここまで来ることへの距離感の違いか。
次の10年が経ったとき、ココに来る可能性は限りなく低そうだけどな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック