“専門外”は苦手科目?

昨日の悪天候から打って変わって、今日は絶好の塗装日和。
「春は模型作るのにいい季節~」なんて書いてたマンガもあったくらい。
しかし今回塗ってるのは、いつもとジャンルの違う課題なのです。
画像
 <ラジコンって大きいね…>
いつもは1/150の鉄道車両しか塗ってない塗装職場からすると
全長300mmを超えるなんて「16番より大きいじゃん!」とウチの工場は大騒ぎ。
いつもの塗装ホルダーで作業してたけど、さすがにサイズが違いすぎ。
缶スプレーの蓋に留めてもポロっと取れちゃったりで、どうやって持てばいいのさ!?

これはどちらかというと、趣味より仕事の延長線。
撮影で使う小道具を用意しなきゃいけない、ってところで白羽の矢が立ったのは
模型制作の経験があって、今でもちゃんと作ってる、ってコトかららしいのだけど
それはあくまで“鉄道模型”というジャンルに限ってのことですよ…。
学生のころに手を出したロボットモノのプラモだって
年単位でほったらかしのまま積まれているというのに(-_-;)
画像
ベースボディのヒケを埋めて600番で整えたあと、1200番のサフを吹く。
ココまでは程度の大小はあれど、基本的な模型作業の流れなのでなんの抵抗もなく。
しかし「塗装」でこんなに勝手が違うとは思ってもみなかったなぁ。

とりあえず下地の単色白だったものの、これなら全面的に缶スプレーにしたほうがよさそう。
今日は乱れちゃった塗装表面の整備して、明日もう一度白を吹いてやるか…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック