ひさびさに「日曜モデラー」

このところ週末は出ずっぱりだったので、日曜日はひきこもり気味に。
そろそろネタ鮮度は落ちつつある2047F、いい加減完成させたくて作業を進めてます。
自分備忘録な内容でスミマセン…。

1.これまでのお話。
 2年越しの411Fが完成したのは今年3月のこと。
 6月の某イベントに向けて、調子に乗って戸袋窓埋めをはじめたのは3月末
 大方の予想通り、完成には程遠いながらも
 ギリギリのところでクハ1両だけ展示でき実績を残すことはできました。

【これまでの加工】
・ヘッドライト交換 BONA P-204
・各部手スリ交換 TAVASA・トレジャータウンほか
・ベンチレーター交換 モリタ No.225
・クーラー交換 関水 AU75G
・パンタ交換 TOMIX 0249
・パンタ台 富士川車輌工業 FT-P012
・無線アンテナ 未定
・パイピング
 母線 0.25mm →ヒューズ箱(太):YELLOW TRAIN YP824
 もう1本 0.2mm →ヒューズ箱(細):関水 モハ182用
 作用管 0.2mm
 引込み部分の立ち上がり 0.15mm
・スカート 富士川車輌工業 FT-P771

【これまでの塗装】
・車体黄色 GM23 西武イエローほか(←調色失敗)
・ステンレス部分 Mr.8 シルバー
・屋上/床下 Mr.13 ニュートラルグレー(仮塗装)
・その他 GM10 黒 ほか
・プライマー アサヒペン メタルプライマー(金属・軟質プラ)・造形村GKサーフェイサー(ホワイトメタル)

【これまでの蛇足】
・戸袋埋めにあわせ幕板部のヒケ埋め→作業の効率化のためくつずりは撤去し塗装で表現

2.最近のお話・床下作業
◆海側(空気側)
 画像
◆山側(電気側)
 画像
  ※上からクハ2047・モハ2147・モハ2148・クハ2048(新宿方がクハ2047)
 夏もすぎ仕事がひと段落したので、ここぞとばかりに床下機器を並べなおし。
 現行品と旧製品の床下A・B・Cを中心にそのほかからも切ったり貼ったりしながら
 なんとなくそれらしい新2000系の足回りになったんじゃないかしら。
 これらの箱関係については、例によって裏をt=0.3mmで閉じておきます。

3.最近のお話・屋上作業
 6月時点では一部配管までの仮作業にしていたパンタ周辺。
 つかささんのCTK5000「車体完成」に触発されて、いよいよパンタへの引込みと鍵外し線へ取り掛かることに。 
 画像
  <ひとまず1箇所やってみた>
 画像
  <モハ2247屋上実例(2008/04/29・東村山)>
 構造はちょっと簡略化したものの、悩んだ分はいい感じに。
 「いやっほぅ!」と喜んだのもつかの間、あと3箇所あるんだよね…。
 しかもよくよく見ると、妻面では0.2mmでやってたのを0.15mmでやってしまったらしい!?
 残る3箇所仕上げて、余力があったらもう一度やり直すことにしようorz

4.これからのお話。
・パンタ周り:鍵外し線全4箇所
・妻面手すり:残り2箇所
・車体再塗装:黄色→グレー→銀色
・床下塗装:きれいな屋上に比べてニュートラルグレーでトーン変え?
 ※ツヤありの上回りとツヤなしの下回りのアンバランスを狙うか?
・各部色差しとレタリング

コイツらは、今年中と言わずこの秋のうちに終わらせてしまいたいくらい。
次回作の予定はいろいろあれど、優先順位はこの相棒かなぁ…?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック