年末便乗企画「~忙しい時期だから模型を学ぼう~」

大宮ソニックシティで行われた『さいたま鉄道模型フェスタ』の帰り
前々から「バーナーでやるハンダ付けを見たい!」と話していたこともあって、
みんな揃ったらつかささんちで模型技術談義になりました。

画像
 【用意するもの】
 簡易バーナー:1
 ヤニなしハンダ:適量
 フラックス:ノズルがあるとチョビっと出せる
 金属キット:少々

画像
 直線が多くて組立てやすいだろう、と取り出されたのは秩父ヨ10。
 例によって秩父シリーズなのはメンバーも大笑いです。
画像
 位置を合わせてフラックスを流し
 細かなペレット状態にしたハンダ片を載せて、バーナーを当てると
画像
画像
 ハンダが溶けてフラックスが「ジュッ」っていえば固定完了。
 眺めてるだけじゃなくてちょっとやらせてもらったら、なるほどこりゃ簡単だ。
画像
 端梁の部分は折返して固定する構造だったので
 「さすがにココはコテでかな~」なんて言ってたら
 バーナーの魔術師・工場長さんがあっさりと仕上げていきました。
画像
 そんなこんなで約1時間半の講座で出来上がったのは、ヨの上回り一式。
 同じく“バーナー付け”に興味のあったヤマシタさんやとにいさんも
 うんうんと頷きあってました。
 「おー」とか「へぇー」なんて言いながら出来上がっていく様を見ているのは
 まるで部室で模型談義に華を咲かせていた頃のよう。
 そういえば夏目さんと技術話で盛り上がったのもこんな雰囲気の中でだったっけ。

この講座を受けて考えたのは、やはり作業が止まったままの西武2000系。
講座後に見てみるとコレはヒドイ。
ハンダ多すぎだし、イモ付け状態でキレイさもない。
プラキットを『Nテクマニュアル』で学んだ頃から早12年。
干支が一回りした2009年は、ハンダ元年ってのもいいかもね!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック