「4月病」?

先週は月曜から金曜まで外出NR続きという、いつもと違う毎日。
そのせいか、この週末はなんとも気だるさが抜けない…。
予定をぶっちぎっちゃった皆さまには大変申し訳なかったけど
結果的に少しは回復できたかな?

現在机の上を占拠しているのは先月から変わらず、西武の2000系キット改が少々。
窓上のヒケを埋め、雨トイの上辺を処理して…とやったら
まず側面はなんとなくそれらしくなってきたアルミ車6050系。
引続き、屋上全長に渡るランボードの固定とあわせベンチレーターとクーラーの穴を開ける。
画像
…んだけど、言葉ではひと言でも実際にやるには単調作業な上に点数が多くて多くて。
そう簡単に10両編成なんて手を出すモンじゃないっすね。

という訳で今日はのんびりと上の作業を。
しかしパンタ用の4つ穴の位置がずれてずれて、その修正だけで半日が過ぎていく…。
ああなんかオレもうこの手の作業向いてないのかなー。

【今日までの加工】
 ・固着した車体、雨トイモールドの上に瞬間接着材で凹埋め
  ↓
 ・400番→600番耐水ペーパーでガリガリ大削り
  ↓
 ・センターラインをケがいてベンチレーターなどの位置を決める
  ↓
 ・0.8mm→1.0→1.5→2.0→3.0とドリル径を変えつつ拡大
  ↓
 ・クーラーの幅を基準にランボードを貼付け
  ↓
 ・パンタ用の位置が違うので埋めてやり直しorz

残す中間車はあと3両。
コレが終わればそろそろ先頭車を箱にせねば。
とりあえずGW中に塗装に入ることを目標にがんばろか。

【24:45 追記】
一応、今日の予定のランボード貼付けまでは終了。
気分転換にと、完成品の新101系を取り出して少し手を加えてみる。

今回用意したのは、黄色1色の基本セット。
リバイバルツートンを見てるうちに、こんな仕様もあったよね…と思い出したのは
701系系列の最末期に登場した黄色1色の黄色電連・259F。
とりあえずTNカプラー化と方向幕の整備をして、電連カバーの黄色は後日加工することにしよう。
画像
コレは当時のRMへ投稿し、初めてカラー掲載されたニュースネタ(RM163・1997-4)。
1997年の701系系列引退後は、毎日の登下校で乗る西武線に張合いがなくなり
興味の対象は急激に国電方面へシフトしていった…そんな境目の時期の出来事。
今のこの西武マニアっぷりを思えば、コイツらの形式写真も撮っておけばよかったなぁ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

しっかりしなさい!強
2009年04月20日 23:35
ども!ご無沙汰してます!相変わらずハードな作業に挑まれてますね。ワタシは職業柄指先が非常に硬くて細かい作業はいくら頑張っても納得いく仕上がりは得られないんですよね、それで貴重な一日が潰れてしまう、頭痛が始まってしまう。451の6連口も切り継ぎ面の仕上がりが散々・・・サハのうち2両は切り継ぎからやり直しです。でも絶対モノに出来る様に頑張りたいですね。西武バス5Eの84~87年式も頑張って仕立てます!お互い頑張りましょう!(ホントなら新101がらみの新作を製作すべきなのですが、ね(^-^;
2009年04月21日 23:23
新宿線の黄色い電連カバー、新宿線を象徴する良いアクセントでしたね。
2009年04月23日 23:18
■強さん
細かくない作業も、最近はだんだん目が疲れるようになってきました。
この先もこのペースでやってるかと思うと…なんというか
大きな壁が目の前に現れそうで悩ましいですね(-_-;)

■ツキだっ!さん
>黄色のカバー
今写真を見ても、足回りに映えるいいアクセントでした。
2004年のリバイバルツートンさよなら運転で塗られた姿を見たときは
目を疑うくらいに嬉しかったのも懐かしいです。

この記事へのトラックバック