「仕事のごほうび・2009 2nd season」

この木金2日間は、仕事で九州出張へ。
初日・6/25は空路で長崎入りしたものの
周囲を見る余裕なんてまったくなく早々に現場入り。
タクシーの中から眺める路面電車が恨めしい…はずだったんだけど?!

夕方には予定通りに仕事が終わり、
大村にいる兄弟に会いに行くという先輩といっしょに大村線直通で長崎を発つ。
当初予定の快速にタッチの差で乗れなかったので、予定外の長与周りで長崎本線完乗!
…で、長崎を出て2時間後にたどり着いた佐世保はすでに18:30。
ただ夏至直後の九州最西端となればまだまだ撮影可能!
ほんの1時間でかなりの収穫でした。

ご存知、ひろせさんの『創作鉄道資料館』全国に5E・6Eを求めてから、見てみたかった佐世保市交。
画像
画像
 〔佐世保市交通局915 佐世保22か12-32・日デP-U32K/出身:東京都交通局〕
車台チェックはできなかったけれど恐らく1987(S62)年式のS代車。
江東の都市新バス[都04]に入った7E新ボディ・UA33Kの陰で
数台の5Eが最後の引戸車として納車された、という世代。

画像
 〔佐世保市交通局853 佐世保22か883・日デP-RM81G〕
画像
 〔佐世保市交通局864 佐世保22か937・いすゞP-LR312J〕
一方こちらは、同じく都交のRM81G?!とビックリしたが実は自社発注車。
UD・RM81は1986(S61)・1987(S62)年、いすゞ・LR312は1988(S63)年製のよう。

画像
 〔西肥バスN773 佐世保200か307・日デP-RM81G〕
こちらも2台見かけた西肥バスのRM81。
西肥バスはむしろR3型の方が目立つ気がしたけど、全体としてはどうなのでしょう。

そして悔やまれる1枚。
画像
 〔佐世保市交通局936 佐世保200か54・いすゞP-LV314K/出身:東京都交通局〕
これも元東京都交通局の4枚折扉を装備したLV5E。
ちょうど仕事関係の電話が掛かってきてたところでファインダーを覗けず
しかもこの1台だけと知って崩れ落ちるのでした…。
次回行くときにも残っててくれるかなぁ。

現役時代の姿を知っている彼らだけに、都交中古と聞くとテンション上がるね!
落穂拾いのような富士重5Eを探す出張はまだまだ続きます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

エノデン坊や
2009年06月26日 21:18
一番最後の写真(936)って、都営中古だよね?方向幕付け替えてあるけど。
5E稼装って1台しかないって本当?

それから、RMのくせにワイドドアって何?

この記事へのトラックバック