「猛暑御見舞い」申し上げます・その2

前夜、京葉区201系の東金・外房線運用を撮りに出たあとは都内へ戻る。
昼前からは奥多摩方面へ向かったのだけど、途中で時計を見たら…あれ!もしかして?
多摩川の河川敷に上がってみたらモノの数分で「来た!」

画像
 <新秋津への甲種回送・221F(2010/09/05・日野→立川)>
 仕上がりはちょっとピン甘でびみょー…。
中央本線・武蔵境から是政へ向かって伸びる西武多摩川線は
他の西武線と線路の接続がない離れ小島。
その来歴はモノの資料を読んでいただくとして
中央本線高架化で久々に行われる車両入換は、そのまま新旧の置換えになった。
同線ワンマン化の立役者であり、現役最後の西武101系初期形グループは
1本、また1本と戦列を離れていく。
画像
 <本線同様にシュー先端に蛍光色を巻いたモハ221(2010/09/05)>
画像
 <反射板を付け、戻らぬ道をゆく・クハ1222(2010/09/05)>
画像
 <牽引はEF65 1065…試験塗装機時代が懐かしい(2010/09/05)>

ちなみに、本番では微妙にピン甘だったものの
その前の115系やE233系だとカリっと来てたりしてちょっと悩ましい。
このあたりが、新しいレンズを買わねば…と思うのに繋がるのだけどそれはまた後日。
画像
 <立川を目指し多摩川を渡る新長野色・Tc115-387(2010/09/05・日野→立川)>

〔関連エントリ〕
「晩冬はさよならの季節」(2010/03/03)
「さわやかな日曜~♪」 (2009/11/15)
「小春日和」(2007//12/09)
 多摩川線で101系初期形を楽しめるのも、まもなく終了ですね。

そしていよいよ最後の1本の置換えに入場したとみられるのは253F。
ちょうど見た日にがんばって撮ったのが、新宿線での最後の姿でした。
画像
 <併結運転の姿はこれで見納め・253F(2010/08/13・上石神井→武蔵関)
彼は新宿線で初めて黄色一色になった101系。
このネタでネコ社の本にニュース投稿したこともあるので
白一色になっちゃうのはどこか寂しいね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック