迎春

あけましておめでとうございます。
今年も変わらぬ当ブログをよろしくお願いします。
年賀状用に作った図版そのままなのですが、雪化粧した丸ノ内線を今年の1枚目にいたしましょう。

画像
 <雪化粧した地上を行く地下鉄丸ノ内線(2014/02/08・後楽園→茗荷谷)>
この画像だとわかりにくいのですが、トップナンバー編成なので先頭は「02 601」。
1月1日ということなら逆側の「02 101」がベスト。
もしくは平成26年の1月、だったらよかったのですが今年は平成27年なのでした。

今年の年明けも、除夜の鐘を聴きながらまずは近所の伝通院へ。
画像
画像
そのまま、終夜運転のJRで明治神宮へ行ってきました。
年始の初乗車は、東京ドーム帰りの女性群でいっぱいのクハE233-32でした。

さて、年始の明治神宮詣でに外せないポイントといえば
三が日だけ使用される明治神宮側の臨時ホーム。
かつては千駄ヶ谷にも臨時ホームがあったようですが
現在もこの手の臨時ホームが使用されているのはあまり例がなくなってしまいました。
まずは通常のホームを使用する、内回り側から様子を眺める。
画像
 <ホームドアのついた原宿駅ホームより臨時ホームを望む(2015/01/01)>
画像
 <臨時ホームはJR駅員のほか、警察官の姿も(2015/01/01)>

時刻は2:00少し前。
もうちょっと人出は少ないかと思っていたものの、さすがの明治神宮。
年越しライブ帰りの人たちだけじゃなくて、お参りの人もかなりたくさんいる。
画像
 <南参道の鳥居をくぐる>
原宿駅側から進んでいくと、大鳥居のところでかなりの混雑。
ならば、と一度北参道へ通り抜け、西参道から入り直すことにした。

…が、宝物殿の前を通過しようと思っていたのだけど実は年始は通路閉鎖中。
仕方ないので、小田急線参宮橋駅前まで外側を大回り。
ようやく本来の西参道へたどり着き、ほどなく西参門に到着。
画像
大鳥居から大群衆の居並ぶ南神門ルートが、明治神宮といえばお馴染みのルートだけど
この寒い中、スシづめで立ちっぱなしはヤダ!という向きにはこちら側がおすすめ。
画像
南神門から溢れてくるとめどない人波を横目に、スルスル~と御社殿前に到着です。

画像
御社殿の前も、中央ではのんびり写真を撮る間もないですが
少しずれた右側からなら賽銭箱前の1列目まであっという間。
人でにぎわう様も撮れて満足。

帰りに守護矢と干支鈴を求め
「大御心」というおみくじで明治天皇・昭憲皇太后の詠んだ和歌から
今年1年の生き方のお諭しをいただけば、お参りも完了。
最後に、外回りの臨時ホームを眺めれば初詣もおしまいです。
画像
 <臨時改札口も今ではICカードがほとんど(2015/01/01)>

画像
 <ホームドアのない臨時ホーム側から望む(2015/01/01)>
以前なら、本来の外回りホーム側は
この期間だけポールを立てて紐を張って閉鎖していたのだけど
ホームドアが設置されたので今年はそんなこともなく。
毎年この風景を眺めてきたけれど、いつのまにか駅名票もJRスタイルに変わってました。

明治神宮は、大学生の数年間にお勤めをしていたことがある思い出の場所。
今年もまた変わらぬ年始のお参りで
昨年の幸せを感謝し、新年の一層の充実を願うのです。

今年もよい1年になりますように。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2015年01月09日 21:15
今年もよろしくお願いします。
遅くなりましたが、ご結婚おめでとうございます。
2015年01月22日 11:34
◆ツキだっ!さん
放置続きでスミマセンです。
こちらこそよろしくお願いします!

この記事へのトラックバック