仙台ぶらりめぐり

12月に入ると、今年も残すところあとわずか。
あっという間に2週間が過ぎて、もう目の前にはクリスマスも迫っている。
冷たくなる空気の中でも、温かい気持ちになるような
そんな街並みライトアップの季節がやってきた…。

画像
土曜日、仕事関係のお声がかりで日帰りながら仙台へ。
ちょうどこの日の夕方から「SENDAI 光のページェント」がスタート、ということで
ひと仕事終えた後、市内を散策してきました。
せっかくだから~と呼んだ学生時代の仲間たち、男7人ぶらり旅(^_^;)

画像
「どこに行く?」と目指したのは“青葉城”こと仙台城址。
秋の夕暮れで、17:00すぎというのにすでに真っ暗。
仙台市内の夜景は眺めることはできたけど、政宗公の銅像以外は何も見えず…。
画像

30分くらいでタクシーに乗り、市内へ戻る。
すでに点灯が開始されて主要道路の混雑はもう身動きが取れないくらい。
運転手さんの機転で渋滞を避け、比較的近いところまで連れてってもらったのは正解!
画像
下ろしてもらったのは市民会館まですぐそばの場所。
そこから歩いて駅へ向かうのは、一番のゴールデンルートだったのかも。
画像
これは市民会館前で出会ったC60 1。
「なんかSLっぽいカタチの電飾があるな…」と近寄ってみたら、これがC60唯一の保存機だった!
放置とは言わないにしても、痛んだ各部は日中に見ると寂しいが
夜の中で浮かび上がる姿を見ると、想いは一気に幻想的に。
記念写真を撮る家族連れがたくさんいたのを見て
同機がここで、今なお健在であると実感できたような気がした。

“激鉄”な旅ではないけれど、ときには仲間とこんな旅もいいな。
そんな感想も新しい発見の、いい一日となりました。

"仙台ぶらりめぐり" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント