常磐工場の業務報

アクセスカウンタ

zoom RSS 新宿にて

<<   作成日時 : 2007/04/08 23:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
PASMOがスタートして丸2週間が経過。
通り抜ける改札口からは、「ピッ」という音が絶え間なく聞こえてくる。
パスケースやケイタイ、ともすれば大きな手帳を改札機にかざす人たち。
時折見かける磁気式定期券も、次からはICカードに更新だろうか。

それでなくとも4月ということもあって、JRも私鉄も定期券窓口は長蛇の列。
連絡定期券もICカード化できて便利になる一方、逆に一般客が混乱してるご様子。
しばらく改札口にいると、突然閉まった扉に怪訝そうな表情の人たちもよく見かける。

そんな自分はといえば、相変わらず定期券は磁気式を使う予定。
特に他意はなく、単にSuicaもPASMOも持つ予定がないからというだけ。
通勤経路ながら定期を買ってない地下鉄線内も、引続き回数券を使う予定。
こちらは料金均一券面なのと、いざというときに振替乗車の対象になるからがその理由。
いずれにせよ、もうしばらくは改札機に通すことが続きそうです。

改札鋏の音が首都圏から姿を消したのは1990年代はじめ。
あの頃は、ラッチの中で残っている鋏を見つけると
入場券や初乗りの乗車券を握り締めては入鋏してもらっていた。
高田馬場西武乗換え改札、秋葉原デパート口、新宿京王口・ルミネ口、新橋日比谷口…。
乗換え口や委託の出札ラッチなどで残っていた鋏も
1995年ごろにはもうスタンパーになっていた気がする。

それから一回り、今やきっぷすら要らない世の中になっているのですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新宿にて 常磐工場の業務報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる