常磐工場の業務報

アクセスカウンタ

zoom RSS 幸福の「黄色い電連」

<<   作成日時 : 2009/04/24 00:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

黄色く塗った電連カバーが特徴だった西武新宿線の3ドア車たち。
本来は、制御方式の違う701系系列とそれに連結できる101系の識別用で
701系系列がなくなった今ではもう見ることのできない姿。
少し前に見つけた写真から、あの頃を懐かしく甦らせてみよう。

画像
 <新宿へ向かう719Fとやってくるのは789F(1994/05・西武新宿←高田馬場)>
前のエントリで、ツキだっ!さんからいただいたコメントを見ていたら
なんだか急に懐かしくなってしまい、PCの中を探ることしばし…。
某誌新101系特集への写真捜索にあわせて見つけたネガからスキャンした画像を並べてみる。

画像
 <実用の切妻顔とスマートな張上げ屋根・437F(1996/06・都立家政→野方)>
電車通学を始めたのは中学生になった1993年から。
その頃の新車はというと、すでに新2000系の増備は一段落し
新世代のステンレス車・6000系や車体更新・9000系も登場しようかという頃のこと。
毎日の通学中に見られる3ドア車、とりわけ401系が撮りたくて
定期入れに入れたポケット時刻表に「○:3ドア・△:3ドア8連・□:4ドア固定10連」と
チェックを始めたのは中学2年になる頃だっただろうか…。

画像
 <池袋線から2連がやってきた!・295F(1996/05/24・沼袋−野方)>
ふだん利用するのは【高田馬場〜野方】という新宿口のほんの短区間。
今でこそ地元の駅だし、学生時代にはバイト先にもなったけど
当時は上石神井でさえも「落とした定期券を受け取りに行く」程度の未開の地。
撮ってる写真のほとんどが野方界隈なのも、中学生なりの限界だったのでしょう。

画像
 <“赤電”になる159Fも黄色電連経験アリ(1997年・都立家政→野方)>
西武電車の模型化は、小学生の頃からの思いではあったものの
本格的に「作った!」と言えるのは、まだつい1年前の411Fが初めてのこと。
この当時、腕はないながらも「模型化したい!」という思いは強くて
その思いが重くなりすぎて、手を出せなくなってしまったのが一番の原因。
ここまで待って、ようやく彼らを再現するだけの技術を持てた、という自信なのかも。

画像
 <リバイバルツートンで黄色カバーもリバイバル!(2004/12/19・新狭山→狭山市)>
701系・801系・401系は、見る限りでの編成内のクーラーキセ状況(CU72BとCU72C)だとか
M車妻面のパンタ配管を手帳にメモしたりしていたものの
それら細部をちゃんと“撮影”していなかったことが、今となっては悔やまれる。

画像
 <車体よりコントラストの強い黄が映える(2004/12/19・西所沢→下山口)>
あれから早15年、変わらず今も毎日乗っている西武新宿線に彼らの姿はない。
だからこそ、そのことを理由に離れゆくのではなく、今も見続けていたいのは
彼らが去って興味を失った数年間が、ポッカリ開いているのを悔やんでいることに他ならない。

画像
 <黄色電連の末っ子・313Fも今はもういない(1996/06・都立家政→野方)>
プレスリリース(PDF)によると、先に登場したミルクココアに続き
今度は池袋線でも新101系2連にツートンのリバイバル編成がある模様。
一般の西武ファンなら「多摩川線の101系でもツートンを…」と願うのだろうけど
「もちろん新101系でいいから黄色の電連カバーを…」なんてのは、オレ以外に需要ないか?(苦笑)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
どのお写真も、今となってはどれも貴重なお写真ばかりですね。
再就職先の701系も、廃車になる例がチラホラ出てきたぐらいですから、年月は確実に流れていることを、改めて認識します。
ツキだっ!
2009/04/24 20:53
初めまして。
いつもブログ拝見させていただいてます。
つい懐かしくてコメントさせていただきました。

新宿線沿線(新井薬師前)にずっと住んでる者としては黄色電連とても懐かしいです。
ツートンの復活もいいですが僕も黄色い電連も復活希望です。
N2000
2009/04/24 23:53
こんにちは。初めまして。
いつもブログ拝見していますが、やはり懐かしくて思わずコメントしてしまいました。

ツートン同様、一時代の新宿線に欠かせないアイテムである「黄色い電連」は欲しいですね。701系、801系、401系が西武線上から姿を消して久しい限りです。彼らが居なくなってから西武を好きになった若いファンにも少しでも「あの頃」を見てもらいたいし、私達も久しぶりに見たい(笑)という事もありますから。

本文を読むと、私が持っている黄色い電車への思いと良く似ているところが多い。何か胸にこみ上げるモノがありました。
貴重な写真ありがとうございました。
c-d
2009/04/25 12:41
いつも以上に思い出話な回でしたが
皆さんからのコメントありがとうございます!

■ツキだっ!さん
701系といえば、4/29で流山の「明星」(745F)が引退だとか。
代替が新101系なのかも気になるところです。

■N2000さん
コメントありがとうございます!
今回のリバイバルカラー、新宿線では見られないのが残念ですね。
「秩父線40周年」後の新宿線イベントも期待したいものです。

■c-dさん
こちらこそご賛同ありがとうございます(笑)
自分が351系引退には間に合わなかった世代だけに
5000系やE851さよなら、701系系列の引退には
ひと際その思いが大きく残っています。
今のファンにも、そう思えるようなモノが残せたらいいですね…。
たろう(家主)
2009/04/25 15:01
たろうさん、流山の代替についてですが、産経新聞の報道によれば、どうやら、新101系みたいですね。
ツキだっ!
2009/04/26 21:51
■ツキだっ!さん
なるほど、今回は代替車入るんですね。
前回の[流馬]引退では代替車ナシだったので、その後の動向が気にかかってました。
4/29はやっぱり流山へ行くことになりそうです。
たろう(家主)
2009/04/27 00:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
幸福の「黄色い電連」 常磐工場の業務報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる